台湾での浮気調査・結婚調査・素行調査

2015-04-06

台湾での浮気調査はお任せ下さい。

日本人に馴染み深い国といえば、やはり台湾です。

台湾人も日本が大好きな国の一つであり、台日関係も良好で、日本企業も沢山の会社が進出し、日本人も沢山の人間が台湾で生活を送っています。

会社から単身赴任で台湾へ行く人や出張で現地を訪れる人、又は、台湾観光で行く人と様々です。

台湾を大きく分けると、台北・台中・台南・高雄になり、台湾の中心地である台北からは、日本の新幹線が高雄まで走っており、台北、高雄間を96分で移動ができます。

治安もよく、日本人が生活するのに何も困らない国です。

弊社では、台湾での夫の浮気調査や恋人の浮気調査、妻の浮気調査、所在調査、素行調査、結婚調査などをお受けいたしております。

※この様な時は、弊社にご相談ください。

・単身赴任中の主人に現地妻がいるみたい

・カラオケクラブで知り合った女性の素行調査を考えている

・台湾へ出張中の社員の素行調査を考えている

・台湾人女性と結婚を考えているが家族のことが知りたい

・台湾で知り合った人の連絡先が知りたい

その他、沢山の理由で調査をお考えの方もいらっしゃいます。弊社で実際行った調査事例を少し紹介させていただきます。

台湾での浮気調査例1

東京に本社がある、電子機器メーカーに勤める夫48歳は、8年ほど前から台湾支社へ単身赴任していた。

最初のうちは、日本へ年間4~5回は帰国したり、妻と子供が台湾へ行ったりしながらの生活であったが、ここ3年ほど前から殆ど、帰国しなくなり、帰国しても実家へ帰り家族には一切伝えなくなった。

妻と子供が台湾へ行くというと、長期の出張で台湾を離れると言う。不信に思った妻からの相談で、調査を行うことにした。

1週間の日程で夫の素行調査を行うと、夫は同じ会社の女性と同棲しており、二人の間には子供までいたことが判明する。

台湾での浮気調査例2

日本企業に勤める夫54歳は、台湾支社で3年間努め、現在は、アメリカ支社へ移動して単身赴任で働いている。妻子は日本で生活しており、1年を通して1、2回日本へ帰国すると聞く。

その夫が、日本へ帰国する前に、台湾へ立ち寄り日本へ帰ってくるとの情報が妻の元へ届いた。

夫からは何も聞いていない。不信に思った妻からの依頼で1週間の日程で台湾での調査を行うことになった。夫が台湾へやって来るという日に、台湾桃園国際空港で夫が現れるのを待つと、リュックを背負った夫が現れるれ台北市内行きのバスに乗り込む。

そのバスを追跡すると、台北市内のバス停留所で下車するが、道に迷ったらしく地図を片手に周辺をぐるぐると歩き回る。ようやく目的地であるマンション前に到着すると、30代と思われる女性が夫を出迎え、楽しそうにマンション内へ入っていく。

同所付近で待機していると、夫と女性が出てくる。二人は手をつなぎ、近くのスーパーへ入ると食事の買い出しをしている様子であり、再び、マンションへ入っていく。

夫は台湾支社で勤務している時に同女性と恋愛し、不倫関係に至っており、アメリカへ移動しても同女性とは男女関係が続いていた。

調査のご相談、お問い合わせ先

調査のお問い合わせは、こちらへ

※ご相談が重なったりする場合は、お電話に出れない場合がありますので、再度、お掛け直しください。

また、メール相談よりお電話でのご相談が早くて便利です。

ページ上部に戻る