調査見積もり例

2015-04-06

気になる調査のお値段は、調査見積もり例を見てください。

探偵に調査を依頼するといくらお金が必要なのか?

調査にも色々ありあますが、浮気調査のお見積もり、結婚調査のお見積もり、家出調査のお見積もり、素行調査のお見積もり、盗聴盗撮検査のお見積もり、ストーカー対策のお見積もり、海外調査のお見積もり、と様々です。

弊社で行った調査事例を元に、あなたが調べたい調査にはいくらお金が必要なのか?参考にしてください。

その他、調査内容でお見積りをさせていただきます。ご相談、お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

浮気調査の見積もり例

浮気調査の見積もり例

ご依頼時の状況

結婚して3年。子供が1歳の奥様からのご相談。最近夫から「離婚したい」と言われた。

訳を話してと何度頼んでも「性格が合わないから・・・」のいつ点張り。本当のことを知りたくて相談に見えた。

夫の様子

夫は自営業なので、仕事とOFFの区別がつきにくい。夜は、遅くても12時には帰宅する。

相談員の意見

調査をしても、夫が言うように何も無いかも知れない。でも、調べる事で自分が納得がいくなら・・・と調査をお奨めしました。とりあえず、木曜日から土曜日までの3日間、夕方から会社を張り込んで夫の行動をチェックすることを提案。

調査実施場所の下見

夫の会社は、郊外の目抜きストリート沿いの集合ビルの2階。出口は3箇所。ただし、夫は普段ほとんど車で行動をするため、駐車場を主に見張っていれば見逃す事はないであろうと判断。

調査本番

調査員は3名。バイクによる尾行調査員が1名。バイクに指示を出したり張り込みをする調査員が車輌で夫を監視。もう1名が徒歩の場合の尾行を担当。

必要な料金

人件費 1日(5時間) 1名 30,000円
車輌費 1台 20,000円 車・バイク共同額
調査経費 5,000円までは請求は無し。
諸経費 電車・新幹線・飛行機・高速道路・出張宿泊費等が別途請求になります。

調査員2名で車両が必要のない場合、1日5時間調査で64,800円になります。

調査員2名車両1台の場合は、1日5時間調査で86,400円になります。

※尾行調査の場合、調査員は2名1組で行動いたします。又、調査員の人数は、調査の内容により何名でもお引き受けいたします。

結婚調査の見積もり例

結婚調査の見積もり例

ご依頼時の状況

突然、娘から交際している男性がいると打ち明けられて、男性の素性を聞いたが、住所と名前、職種くらいしか知らないと言う。

男性を紹介される前に事前調査を行いたい。


知りたい項目

男性の職場・実家・家族構成・近隣での風評・借入関係・性格・女性関係・ギャンブル・交友関係・素行調査等

調査費用

・職場、実家・家族構成・近隣での風評・性格・借入金の有無

(調査費用は20万円~30万円です。※調査場所により変わります)

・上記の調査項目に、ギャンブル、交友関係・女性関係・素行調査

(素行調査に日数で変わりますが、20万円程度加算されます)

素行調査を4日間行い、全ての調査費用で60万円でした。

※詳しくは、調査内容、調査場所でのお見積りをさせて頂きます。

家出調査の見積もり例

家出調査の見積もり例

ご依頼時の状況

夫が同僚女性と駆け落ちしてしまい、その行方を調査して欲しいと、妻とその家族からの家出調査。

夫と女性の状況を詳しく聞くと、同じ会社に勤めており、女性は独身である。妻に浮気が発覚し問い詰められての家出であった。また、女性の車を使用している。

調査費用

着資金30万円と成功報酬金50万円を付けての調査依頼。(調査期間は2週間)

調査開始から、12日目にして発見。二人は住み込みで某ホテルで働いていた。

現地で二人の姿を確認していただき、身柄を確保して自宅に帰った。

後日、成功報酬金の50万円を頂き調査終了。

※家出の状況や情報により、別途、お見積もりいたします。

海外調査の見積もり例

海外調査の見積もり例

東南アジアでの単身赴任中の夫の浮気調査

大手企業に務める夫は、会社が借りているホテルに住み、毎日、会社の送迎バスか、車で送り迎えをしてもらっている。

朝の出勤時から調査開始して、正午頃までホテルで張り込み。(女性が一人で出入りするのを確認する為)その後、夫が勤務終了後にホテルへ帰ってくるところから深夜、寝静まるまでの調査を1週間行う。休日は、朝から夜までの夫の素行調査。

調査費用

素行調査1週間、490000円と現地までの交通費、宿泊費の合計金額

海外調査は、最低3日間の調査費用、26万円からのご依頼でお受けいたしております。

※経費については、時期により航空券の金額が変動します。また、宿泊ホテルは、基本的いに夫と同じホテルを利用します。

調査のご相談、お問い合わせ先

調査見積もりのお問い合わせは、こちらへ

※ご相談が重なったりする場合は、お電話に出れない場合がありますので、再度、お掛け直しください。

また、メール相談よりお電話でのご相談が早くて便利です。

ページ上部に戻る