ストーカー対策

2015-04-06

ストーカー対策を行う探偵、興信所

あなたは、ストーカーの恐怖を感じたことはありますか?見知らぬ人から後をつけられたり、声をかけられたり、待ち伏せされたり、執拗に追い掛け回されたりと、このような行為をストーカー行為といいます。

普通は、ストーカー行為を行う者は、以前交際していた彼であったり、彼女であったりしますが、交際していなくても、完全片思い状態で、自分よがりに付きまとい、最後には、危害を加えたり、誹謗中傷する手紙やFAXを送りつけたりします。

被害者は、ストーカー行為をされると、精神的に追い詰められたり、一人でいると怖くてどうしようもない状態に至ります。

友達に相談しても解決できず、警察に相談しても「最初は電話での忠告」で終わり、ストーカーには殆ど効き目がありません。警察からの電話忠告でもおさまらず、再び、やり方を変えてストーカー行為に走ります。

もう一度、警察に相談すると「文書での忠告」に変わり、ストーカーに通知します。それでも、ストーカー行為を続けると、逮捕に至りますが、直ぐに釈放されるのが現状です。

警察も法律の範囲でしか取り締まることができず、腹立たしさを覚える方が多いですが、最終的には、自分の身は自分でしか守ることは出来ません。

※ストーカー行為でこの様な事はありませんか?

・自宅付近で偶然を装い待ち伏せされている

・勤務先付近をうろついている

・携帯電話や自宅の電話、会社の電話に何度もかけてくる

・自殺すると脅してくる

・交際していた時期に使ったお金の返済を要求してくる

・現在交際中の恋人に嫌がらせをしたり、あわせろと言ってくる

・わいせつ写真を自宅や会社に送りつけると脅してくる

・とにかく謝れと、意味不明な要求をしてくる

・最後に、一度でいいから、二人で会いたいと言ってくる

その他、理由を付けてあなたの嫌がることを何でもしてきます。ストーカー行為でお悩みの方は、弊社にご相談ください。必ず、お力になれると思います。

ストーカー行為例1

ストーカー対策

Aさん25歳は、以前勤めていた職場の上司と半年ほどの期間交際していたが、性格の不一致で別れることになった。上司は、45歳のバツイチで一人暮らしであり、Aさんもワンルームマンションで一人暮らしをしていた。

上司と別れて、同時期に職場も辞めてしまい、新しい会社に就職した。

そこで、25歳の男性と知り合い交際が始まったが、それを嗅ぎつけた上司がAさんに復縁を迫ってきた。Aさんが断ると、Aさんのマンションへ押し寄せ、玄関先で大声を出し、部屋に入れるように要求してくる。

怖くなったAさんは、警察へ出向きその状況を説明すると、警察から上司に電話で、Aさんの近くには近寄らないようにと、忠告された。しかし、上司は、Aさんの職場付近を徘徊したり、Aさんのわいせつ写真を実家と会社へ送ると脅迫してきた。

Aさんは、怖くなり再び、この事を警察に相談したが、警察は今は何も問題が起きていないので上司に何もすることも出来ないと言われた。そこで、Aさんからの相談を受け、ストーカー調査を行うことになった。

上司がAさんの写真を郵送する前に取り押さえるのが目的で、上司の行動を監視する。上司は、夜になるとAさんの職場付近や自宅付近を徘徊するが、怖くなったAさんはホテル住まいをしており、上司と会うことがなかった。

余りにもAさんの姿が確認できない上司はAさんの職場前で待ち伏せし、Aさんが会社から出てくるのを確認して、Aさんの後をつけていく。

少し離れたところで、偶然を装い、上司がAさんに話しかけたところを取り押さえた。そのまま近くの交番へ連れて行き、警官に事情を説明して身柄を引き渡した。その後は、上司からのストーカー行為は無くなり、Aさんは少し安心して仕事に励んでいる。

ストーカー行為例2

ストーカー行為の解決例

スナックに務めるBさん32歳は、自宅から職場まで車で通勤していた。

職場近くに路上駐車している車のタイヤがパンクさせられたり、ブレーキオイルのパイプを切断されたり、ガソリンタンクに砂糖を入れらりたりと、散々、いたずらをされていた。

しかし、車がなければ勤務終了後に帰ることができないので注意しながら車通勤していた。余りにもひどいので、警察にも被害届を出し相談していたが、犯人は捕まらなかった。

そこで、弊社に相談し、Bさんの車を見張ることにした。調査開始、2週間目にして、Bさんの車に一人の男性が近づくと、車の下に潜り込み、何やら作業をしている様子であり、その行為の一部始終を赤外線ビデオに収めた。

作業を終了した男性が何食わぬ顔で車の下から這い出てくると、その場から立ち去ろうとするところを取り押さえ、警察とBさんに連絡する。男性は少し大きめのペンチを手に持っており、車の下からは液状の物が流れ出ている。

Bさんが男性の顔を確認すると、Bさんのお店の常連客であった。男性は駆けつけた警官に器物破損容疑で現行犯逮捕された。

調査のご相談、お問い合わせ先

ストーカー調査のお問い合わせは、こちらへ

※ご相談が重なったりする場合は、お電話に出れない場合がありますので、再度、お掛け直しください。

また、メール相談よりお電話でのご相談が早くて便利です。

ページ上部に戻る